第10回「眼科手術開業医の会」主催 セミナー

日時 2009年6月27日 土曜日
講演  18:30~
懇親会 20:00~

会場 ホテル西洋銀座
http://www.seiyo-ginza.co.jp

会費 会員は聴講・懇親会費用とも無料(10周年記念のため)
(会員外の一般参加は、懇親会費込みで5000円です)

演題 「私の白内障手術手技は進歩したか?」
講師 聖母眼科 永原 国宏 先生

Dr. GimbelのDivide&Conquerから始まった白内障核分割法は超音波白内障手術手技に大きな変化をもたらした。1993年に発表した私の手技(phaco chop法)もその中の一つであった。1993年から2009年までの16年間の間に私の手術手技はどのように変わったのかを考察してみると、手術手技としては大きくは変化していない。しかし超音波白内障手術器械の進歩ととも手術方法はわずかに変化してきている。そこでこの講演では1993年当時の手術方法と現在の手術方法の違いを紹介したい。