本会は先進医療を担う手術開業医の会員が集まり、情報交換と情報発信をおこなうために結成されています。
記事

Q&A

手術したあと眼内レンズは一生そのままですか?

手術したあと眼内レンズは一生そのままですか? 合併症を併発しないかぎり、挿入した眼内レンズをとりだすことはありません。また特別な手入れなどは必要ありません。眼内レンズの素材は40~50年以上もつといわれています。

手術をしたあと眼鏡はいらなくなるのですか?

手術をしたあと眼鏡はいらなくなるのですか? 昔の白内障手術のように眼内レンズを入れない場合と違って、眼内レンズ手術では眼鏡がなくても良く見えますが、より良い視力を得るためには眼鏡を併用した方がよいでしょう。眼内レンズの場 …

入院手術と通院手術はどちらがいいの?

入院手術と通院手術はどちらがいいの? ●通院手術でもよい場合 病院の近くに住んでいて通院しやすく、すぐに医師と連絡できて指示通り対応できる。 手術後の点眼治療や安静の必要性、手術後の注意事項について十分に理解して実践でき …

手術は早いほうがいいのですか?

手術は早いほうがいいのですか? あまり放置しすぎると他の病気を併発したり、手術に時間がかかることもあります。合併症がなければ急ぐ必要はありませんが、最近は手術が楽に受けられるようになり、早期に手術をされる方が増えています …

手術をしたあと、また悪くなることはないのですか?

手術をしたあと、また悪くなることはないのですか? 手術で水晶体を除去するわけですから、白内障そのものが再発することはありませんが、手術では水晶体嚢を残してその中に眼内レンズを固定するため、手術後に水晶体嚢が濁ってくると、 …

手術をしてもあまりよくならなかったという話を聞きましたが・・・

手術をしてもあまりよくならなかったという話を聞きましたが・・・ 網膜や視神経など他の部分が傷んでいると、フィルムの悪いカメラにいくら良いレンズを付けても写りが悪いのと同じで、白内障手術だけでは良好な視力を得られない場合が …

手術後の気になる症状(手術前と色が変わってみえる)

手術後の気になる症状(手術前と色が変わってみえる) 白内障では水晶体が黄色がかった混濁になることが多く、黄白色のフィルターがかかったような見え方になってしまいます。そのため、手術して透明な眼内レンズになることにより、手術 …

手術後の気になる症状(手術前の眼鏡があわない)

手術後の気になる症状(手術前の眼鏡があわない) 眼内レンズ手術をすると、必ずといっていいほど手術前と眼鏡の度数がかわります。手術方法などにもよりますが、術後もしばらくは度数が不安定で、安定するまでに数週間から数ヶ月かかる …

手術後の気になる症状 (目の前にゴミが映って見える、目を動かすたびに小さな陰が見えるetc.=飛蚊症)

手術後の気になる症状 (目の前にゴミが映って見える、目を動かすたびに小さな陰が見えるetc.=飛蚊症) 水晶体の濁りをきれいに除去しても硝子体の部分は以前のままのため、硝子体混濁による「飛蚊症」の症状は白内障手術によって …

手術後の気になる症状 (最初はよく見えていたが徐々に視力が落ちてきた)

手術後の気になる症状 (最初はよく見えていたが徐々に視力が落ちてきた) もっとも多いのは眼内レンズが固定されている水晶体嚢内に濁りがでてくることに よる「後発白内障」の症状です。その他では網膜や視神経、角膜など手術をした …

« 1 2 3 »
  • facebook

眼科手術開業医の会とは?

本会は眼科の先進的医療を担う手術開業医のメンバーが集まり、情報交換と情報発信を行うための臨床医の会です。

21世紀に入って医療はめざましく発展いたしましたが、眼科医療の領域では「先進的な医療は大きな病院が担うべきもの」という概念は必ずしもあてはまりませんでした。大学病院などの基幹病院だけでなく、眼科手術を行う一部の開業医の中にも先進的な医療に取り組んで来たドクターがいました。そして、多くの眼科開業医がオピニオンリーダーとして学会などのフィールドに於いても多数活躍しています。
当会では、会員が当会主催の研究会やメーリングリストを通じた情報の交換を通じて、眼外科医としての技術に磨きをかけ、切磋琢磨しています。また、手術に携わる眼科開業医の立場から、患者様に向けた情報発信を行っております。

PAGETOP
2002-2016 眼科手術開業医の会 (C) Copylight