手術の危険性について(出血)

出血は、眼球の表面や傷口に起こります。表面に起こった場合には、手術後に眼が赤くなりますが、 視力には全く影響はありません。このような赤みは、2週間程で消失します。
傷口に発生した出血が、眼球の中に入り込む事があります。このような場合には、手術後の数日間は 視力回復の妨げになりますが、自然に吸収されて、最終的な視力には影響はありません。
また、ごく稀に手術中に強い眼底出血がおこることがあります。子の様な出血がおこると視力の回復は望めません。 これは、患者さんの血圧や動脈硬化、緑内障などと関係があり、手術中の血圧が高いほど出血の危険性が高くなるので、 血圧には十分に注意を払うことが必要です。