手術の危険性について(角膜の傷害)

角膜の傷害は、眼球に傷をつけて手術を行う限り、ゼロにはないrません。多かれ少なかれ角膜は手術によって 傷害されますが、そのような傷害に対してある程度までは回復力を持っているものなのです。 角膜が許容量を超えた傷害を受けてしまうと、角膜は濁ってしまい、角膜移植術という別の手術を受けなければ 視力が回復できなくなってしまう場合があります。角膜の傷害に対する回復力は、手術前の段階で評価する事が可能です。