手術をしたあと、また悪くなることはないのですか?

手術で水晶体を除去するわけですから、白内障そのものが再発することはありませんが、手術では水晶体嚢を残してその中に眼内レンズを固定するため、手術後に水晶体嚢が濁ってくると、再び白内障が進んだような見え方になることがあります。(=後発白内障)この場合、Nd/YAGレーザー治療により、混濁した水晶体嚢を破る(吹き飛ばす)ことで、比較的簡単に治療することができます。Nd/YAGレーザー治療は外来通院で2~3分程度の時間で終了します。レーザーをあてるだけなので、痛みはありません。後発白内障は、白内障手術後の数週間から数年の間に約15~25%の人に生じるとされています。