手術の危険性について(手術後の乱視)

眼球に傷をつけると眼球の形が変化するために手術後に乱視が発生することがあります。 この乱視の問題は、角膜に傷をつけて手術を行う限り避けられない問題です。 軽度の乱視は、視力に影響ありませんが、手術後の乱視がある程度以上強くなると、眼鏡で補正する必要があります。 また、あまり強い乱視の場合には、眼鏡で補正することが困難なので、患者さんの同意を得て、乱視矯正の手術 (角膜に傷をつける手術)を追加して行うことがあります。