手術後の気になる症状
(目の前にゴミが映って見える、目を動かすたびに小さな陰が見えるetc.=飛蚊症)

水晶体の濁りをきれいに除去しても硝子体の部分は以前のままのため、硝子体混濁による「飛蚊症」の症状は白内障手術によって改善するものではありません。むしろ、今まで霞んで見えていたので気にならなかった「飛蚊症」が、手術後にかえって気になることすらあります。こういった「飛蚊症」の症状は、ブドウ膜炎や網膜剥離といった硝子体混濁をきたす疾患の前駆症状であることもありますが、たいていは年齢的な硝子体の変化(もともとゼリー状で目の中に詰まっていたものが部分的に液化して目の中で動くようになる)により、生じる生理的なもので、白内障の有無、手術の結果とは関係ありません。ただし、心配ないものかどうかは眼底検査をしてみないとわかりません。まれに白内障手術後に網膜剥離や眼内炎をおこしたときなどにそういった症状がでることがあります。手術後に「飛蚊症」の症状が増えてきた場合などには、必ず医師に伝えて眼底検査を受けるようにしてください。個人差はありますが、生理的な「飛蚊症」の症状は時間とともに気にならなくなってきます。サングラスをかけたり、部屋の電気を暗くしたりすると気になりにくくなります。一般に極端に神経質な方ほど、長い間症状を訴える傾向があります。